薄毛の定義

意外に多い薄毛人口。薄毛の定義とは毛がまばらに生えているという状態ですが、薄毛にもいろいろ種類があり、対処法が異なります。

薄毛スペシャルサポート

薄毛の定義

日本では、薄毛で悩む人がたくさんいます。

日本の薄毛人口は約1,300万人、薄毛率は26%と言われています。

つまり、日本人男性の4~5人は薄毛ということになります。

薄毛が気になりだすと、「自分だけが薄毛で悩んでいる」と思ってしまいがちですが、

意外にけっこうな数の人が薄毛で悩んでいることがわかります。

ほっと一安心、といきたいところですが、やっぱり薄毛で悩んでいない人もたくさんいるのも事実。

でも、そもそも薄毛の定義って何なのでしょうか?

どういう状態を薄毛と言うのでしょうか?

薄毛とは、毛がまばらに生えているという状態。

つまり、薄毛になった理由は何であれ、髪の量が少ない状態を言うのです。

薄毛にもいろいろ種類があり、

AGAによるもの、ストレスによるもの、薬剤によるもの、などが挙げられます。

薄毛の種類によって治療方法は異なり、

たとえばAGAによる薄毛であればAGA治療専門クリニック(脇坂クリニック大阪)での投薬治療、

ストレスによる薄毛であれば心療内科でのカウンセリング治療や投薬治療、

薬剤によるものであればかかりつけ医院での薬剤の量の調整が必要になります。

いずれにせよ、薄毛になってそのままでも良いと言うのであれば良いですが、

何らかの方法で治したいと思うのであれば適切な治療を受けることが必要です。

治療を拒み、自分で何とかして薄毛を克服しようとする人もたくさんいますが、

自分でできる範囲には限界があり、かつデメリットもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加